Nous recherchons les illuminations de petit villages. 小さな村の明かりを求めて 6

Nous recherchons les illuminations de petit villages 29

アルザスに来た理由はもうひとつありました それはカーヴの白ワインのストックを増やす為

家で白ワインを飲む機会はやっぱり魚介類や生牡蠣、寿司や天麩羅、あっさりとした和食を頂くときが多いのですが
わたしだけその食事が終わった後必ず胃がムカムカ、チクチクするのです
どうしてだろう?生牡蠣にあたった?魚が悪かった?蟹と一緒に食べたマヨネーズの量が多すぎた? ..... 色々考えました
次にワインを考えると赤ワインを飲んだときはどれも全く異常なし、ムルソーなど樽で熟成されたものや年代ものには反応しません
どうやら若かったりプティシャブリなどの軽い白ワインはわたしの胃には悪いようです
お医者さんやドメーヌのご主人に色々相談すると、ワインに入っている添加物や畑に散布される硫黄が関係しているはずだということ
それでそれらを使用していない、もしくは最小限に抑えることの出来る 葡萄の製法 から造られたワインを勧められました

Nous recherchons les illuminations de petit villages 35Nous recherchons les illuminations de petit villages 36 
Agriculture biologique オーガニック無農薬有機農法
化学肥料や化学合成肥料などを使用しない生産者が無農薬で栽培した
葡萄から出来た自然環境に配慮して作られたワイン
 

Nous recherchons les illuminations de petit villages 37 
Agriculture biodynamique 農法
畑を取り巻く生態系や植物と天体の関連を最も重視し、有害な化学薬品・肥料を
使用せず、自然の力を最大限に引き出す製法の葡萄から出来たワイン

フランスにはこの基準や規則を正しく満たしたものにはマークが付いていますので、これを手がかりにすることが出来ます
しかしまだまだフランスでも、これらのワインは他のワインに比べると生産量も少なく手間も掛かっていますから価格は割高になります
確かにこれらの製法から作られた葡萄のワインを飲むようになって胃の不快感ももなくなりましたが
このマークが決してイコール= 美味しい優れている 付いていないものを退ける という意味ではありません

Nous recherchons les illuminations de petit villages 32 Nous recherchons les illuminations de petit villages 34

アルザスワインの白(特に Riesling リースリング )をわざわざ現地に買いに行くほど、気に入った他の訳は和食にとっても合うからです
その理由はカーヴを見学すると分かります
まずこちらの畑もシャブリのように太古の昔、海だったのでこのような貝の化石が畑から見つかる石灰質の畑です
土壌からたっぷりとミネラルを吸収した葡萄から出来たワインですから
キリッと引き締まり飲んだ後にスーッとした爽快感を残す白ワインに仕上がります

Nous recherchons les illuminations de petit villages 30 Nous recherchons les illuminations de petit villages 33

そして葡萄のジュースを絞って寝かされるのはステンレスタンクか、このような人の背丈よりも大きな木の樽
ブルゴーニュの樽の容量が 228 リットルに対して、ここのアルザスの樽には 5108 リットルも入ります
だからステンレスタンクの場合ワインに樽香がしない、樽を使っても強く移らず
葡萄本来の果実味が豊かに出ていているところが和食に合う訳だと納得しました

特に先回訪ねたビオデナミのドメーヌのワインが試飲の時よりも、家で何度も飲めば飲むほど本当に美味しいものですから
そこと他のもっと他の自然派ワインを探してアルザスワイン街道を走りました
アルザスワインはブルゴーニュより甘い印象ですが、ビオデナミのリースリングは例えると水のようにピュアで
個性がないのが個性であるように思いました
 
Nous recherchons les illuminations de petit villages 31

そして車にアルザスワインのカートンがぎっしり収まったところで見学と試飲終了
せっかくですから、それを楽しむためにアルザス伝統のワイングラスを購入しました
もちろんわたしたち2人だけのためではなく、共に楽しく食事をする人の分も

Nous recherchons les illuminations de petit villages 38  

礼儀正しく、もてなして貰う人を気分よく楽しくさせるのが得意な Jean-Pierre
各ドメーヌで他の試飲に来られた人には内緒でこっそりとお土産を頂きました
このコンフィテュールはわたしに 「日本ではとってもセレブなこのアルザスのジャム、知ってるでしょ」 ってマダムから頂きました 
   サービスや接客の評判が悪いフランスですが、日本式に自分はお客さまだという概念を忘れて 
忙しくて待たされた後でも自分の番が回ってきたら 「ありがとうございます ご苦労様」 の言葉が言える余裕と笑顔を持つと
ほんとうにフランスでは得をします
そっけない態度、親切なサービスを受けなかったのは自分が挨拶を忘れたり、自分の用件を満たそうと先走った場合が多いと思います
極端にいえば 最高のサービスを受けたければ良い客になれ です

Nous recherchons les illuminations de petit villages. 小さな村の明かりを求めて 7

Nous recherchons les illuminations de petit villages 39 


12泊なら便利な場所にあるホテルも良いですが
ゆっくりするなら Chambres d'hôtes
泊まるのが好きです

理由は
人が実際に住んで居られる家なので
玄関からお部屋、廊下に至るまでので
無機質なイメージではなく
人の営みや生活感、温かみを感じるからです

今回の お家 も宿の女主人はわたしより年配のマダム
家事や他の用事をされながら宿のことをされているので
朝起きると朝食が置いてあるんではなくて
「ボンジュール!おはようございま-す」
(つまり起きましたのでごはんをおねがいします)
と大きな声で挨拶すると奥からコーヒーを持って
出て来て下さいます
 堅苦しくないこうゆう点も好きです





わたしが笑いながら 「いつも毎朝奥さんと同じことをしてるので、今朝は自分が座ってる立場なのでなんだか変な感じがします」
と話すと、やっぱり同業者わたし達も同じく伺ってみたい質問を尋ねて来られます
この仕事で満足している幸せ自慢、苦労話ネタ、税金のはなし、外国人客とフランス人客の話
やっぱり同じ仕事をしている方とお話し出来るのは大変参考になります

アルザス街道を車で走って2人して口を揃えて出た言葉は 「Chambres d'hôtes の数がすごいねー」
まるで日本のコンビニエンスストアのように、あっちにもこっちにも車道の右にも左にも Chambres d'hôtes の看板が出ているのです
こんなにあって果たして需要と供給のバランスが取れているのか?と疑問を持ちました
確かに宿のマダムも Marché de Noël の時期は週末はずっと前から満室と言っておられましたが、夏もそうなのでしょうか?
またわたし達にはこの地域の地方行政がとってもお金を持っていると感じました
わたし達の住む場所は車で10分も走ればシャンパーニュ地方、立派なお屋敷や建物が幾つも建っていますが
それは公共のものではなくてシャンパンドメーヌの個人資産
でもここは小さな村の隅々まで、地域全体が経済的に豊かに潤ってる気がしました
公共事業やわたし達の村には、町にはないものがたくさんあり生活水準が高そうだなと感じました

家に帰ってさっそく調べたら やっぱり というか なるほど と納得、アルザス地域圏はフランスで一番小さい地方なのですが
住民一人当たりの GDP は国内で2番目、(1番はパリ市を含むイル・ド・フランス) 失業率は国内最低だそうです 

Nous recherchons les illuminations de petit villages 41

寝室の窓から見えた朝靄に包まれた葡萄畑

Nous recherchons les illuminations de petit villages 40

アルザスは 夏は蒸し暑い酷暑、冬は酷寒 といわれているのですが、それは四方が山に囲まれた盆地になっている地形なので
空気の流れが悪い、京都の条件に似ている為だということも解りました
ですからお家はどの窓も断熱効果の高い二重ガラスが入り、暖炉の熱と温水暖房、床暖房まで効いていました
昨年アルザス旅行をご一緒した北海道のお客様は、冬は家の中で半袖で過ごすと話しておられたことを思い出しました
しかしブルゴーニュ人のわたし達には部屋の温度が高すぎて暑くて息苦しく、冬なのに窓を開けて寝ました
それでもマダムの家庭的で温かいもてなしと、客と主人の程よい距離が良かった居心地のよい宿でした

Nous recherchons les illuminations de petit villages. 小さな村の明かりを求めて 8

Nous recherchons les illuminations de petit villages 42

出発前の天気予報では帰る日以外、雨の予報だったのでキャンセルしたかったのですが、そうするとイベントは終わってしまいます
でもそれがずーっと晴れて、おまけにダルマのように着込むものを荷物に入れたんですがそれも必要なく本当にラッキーでした
旅行をお手伝いするわたし達が雨女雨男ではお客さまが気の毒ですから、その点は仕事上わたし達は素晴らしく恵まれていると思います

住んでいるブルゴーニュも素敵な場所ですが、正直冬は寒いだけでイベントは数える程度
ドメーヌや流行っている魅力あるレストランに限ってバカンスへ出かけて閉まっているケースが多いのです
でもアルザスは冬も魅力いっぱい、お仕事の都合や冬にしかフランスに来られるチャンスがない方は是非アルザスへ

さて今、日本の若い人は旅行に行かなくなっているようですね ある調査結果によると
海外旅行に行くことが自分にとってどのような価値があるのか分からない
休暇があったら海外旅行に行くよりゆっくりしたい
海外の環境の変化に対応するのが面倒くさい
事前計画、情報収集が面倒
本当に求めているパッケージツアーがない
インターネットがあるので海外にわざわざ行かなくても海外のことは解るようになった のが主な理由だそうです

また老若男女日本人全体の出国率は13%台で、これは諸外国と比較すると相対的に低いそうです
例えばイギリス113%台で1人が1年に1回以上出国し、ドイツでは93%台
地理的条件等を考慮しても、海に囲まれた日本と同じように事実上陸路出国ができない韓国の23%台や台湾の37%
オーストラリアの23%台と比べても画然と少ない

旅行は本当によい気分転換になり、行って帰ると終わってしまう贅沢なものではなく生涯忘れることの出来ない体験です 
世界には色々な価値観や文化を持つ人が居て、もしかして自分にとって居心地のいい場所を発見するかも知れません
もし何よりも日本が大好き住んでいる町を愛しているならば、場所を変えて遠く離れて比較、観察するならば
もっともっと愛する理由が見つかることでしょう

Si le monde est un livre, une personne qui est seule dans la maison est la même qu' une personne qui lit seulement une page dans un livre.

もし世界が一冊の本なら、家にしかいない人は本の1ページしか読んでいないのと同じである Akiko et  Jean-Pierre 

If the world is a book, a person who is alone in the house is the same than a person who reads only one page in a book.
Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア