Noël au balcon, Pâques aux tisons. クリスマスはバルコニーで、復活祭は火鉢で

Noël au balcon, Pâques au tison 1

今年は昨年と違って春の訪れがとっても早かったフランス でも再び寒くなってしまいました
もう暖房は切ったので、また暖炉に火を入れ家族2人と1匹暖炉のある部屋で寄り添うように過ごしています
そろそろスカッっと暖炉周りの埃を掃除したいのですが、暖かかったり寒かったりでなかなか出来ません

Noël au balcon, Pâques au tison 4 Noël au balcon, Pâques au tison 3

フランスの諺にこんな言葉があります
Noël au balcon, Pâques aux tisons. クリスマスはバルコニーで、復活祭は火鉢(暖炉)で
つまり ..... 寒いはずのクリスマスの時期が暖かいと、暖かいはずの復活祭は寒くなる
今年はこの言葉通りになりましたね 昨年の夏は酷暑でしたが今年はどうなるんでしょう

Noël au balcon, Pâques au tison 5 Noël au balcon, Pâques au tison 6

今日のニュースで日本はまだ5月なのにもう夏のような暑さで、冷やし中華が飛ぶように売れていると言っていました
地球は極端に夏と冬の期間が長くなり、春と秋が短くなって来てる様に感じます そしてなんだか雨が多い
そのうち将来は温暖化の影響で Noël au balcon, Pâques au balcon. クリスマスはバルコニー、復活祭もバルコニーで
Noël aux tisons, Pâques aux tisons. クリスマスは暖炉で、復活祭も暖炉で となってしまうかもしれません

Noël au balcon, Pâques au tison 2

我が家の庭の春は今年さくらんぼの花より林檎の花の方が美しかったです
今年の春は家族2人1匹で庭でお弁当を食べました テラスで食べるのと違って気持ちがよかったです

Des milliers de brins de muguets sauvages. 何千本の野生のスズラン

Des milliers de brins de muguets sauvages 8

今我が家は1階も2階も寝室もバスルームもスズランの香りに包まれています 今月のわたしの人生はスズラン色!

Des milliers de brins de muguets sauvages 2 Des milliers de brins de muguets sauvages 3

今年もここへスズラン狩りへ行って来ました ★昨年 1 2
年に1度のことなので遅すぎてしまったら残念なので、メーデーの2週間前に行きましたがまだ蕾は固くやっと伸びてきたばかりでした
それで5月1日のメーデーの直前にもう一度行くとこの通り 葉も大きく広げて白い花が美しく芳しく咲いていました

Des milliers de brins de muguets sauvages 6 Des milliers de brins de muguets sauvages 7

毎年のことながら足元一面にびっしりと咲いているこの森に入ると、自分が絵本の中に居るみたいです

Des milliers de brins de muguets sauvages 10 Des milliers de brins de muguets sauvages 9
Des milliers de brins de muguets sauvages 5 Des milliers de brins de muguets sauvages 4

スズランだけではなくたくさんの野生の草花が咲いていて、心がウキウキします
疲れた身体が元気に回復するだけではなく、なんだか若返る気がします

Des milliers de brins de muguets sauvages 1

今週の Vide-grenier  で見つけたこのスタンプ 森の中でスズランを摘んでる女の子と小鳥
誰かの手紙に押して送りたいのですが、田舎の文具屋にはこの為のスタンプインクが売ってないんですよね
出来れば緑色が欲しいなぁ パセリでも刻んでそれに押し付けてみようかな

Fête du Travail メーデー・労働者の日

フランス人は働くのが嫌いというよりも、自分自身のリフレッシュや家族との暮らしや生活を削ってまで働くことを優先しません
ですからサービス業であれ日曜日や祝日のほとんどのお店が閉まっています
この5月という季節は気候も良く美しく素晴らしいシーズンなので、フランス人だけではなく世界中の人たちがフランス各地を旅行します
祝日も多い月なので1年のうちでかなりの書き入れ時だと思いますが、彼らがこの日だけは ”絶対” に働かない日
それが
5月1日の Fête du Travail メーデー です

Fête du Travail 1

この日は田舎だけではなく観光地のレストランや商店、世界一観光客の多い Paris であってもすべてのデパート
またルーブル美術館やオルセー美術館などの主要な美術館までもが閉館しています
そして交通機関も運休、運よく走っていても切符を買う窓口は閉まっているので券売機でしか買えません
 小銭を持って無かったら乗れませんし、お釣りが出てこなくても助けてくれる係りの人はだーれも居ません
不便で迷惑この上ない日だと思うのですが、当のフランス人はどう思っているのでしょうか?
..... 彼らにとってはさほど特別に不便だとは思っていません むしろ喜ばしい日
こういう日は家族とゆっくりのんびりします 外食なんて普段でもしないのでレストランが閉まっていようと別に関係ない
ベンチがあればそこに座って、無ければ草の上で日向ぼっこ のーんびりお日様を賛歌するのです
本当にフランス人はお金を掛けずにのんびりするのが上手です まったくせかせかしていません

Fête du Travail 3

またこの日は Le jour du muguet スズランの日  でもあり、愛する人や大切な人に幸福の象徴すずらんの花を分け合います
お花屋さん、スーパーやマルシェではこの週は鉢植えや切花のスズランがずらりと並んでいます
この数年この日にスズランが咲かなかったり早過ぎたりで、生産者達はこの日に合わせて調整しながら栽培するのに苦労するようですが
今年はさほど難しくなかったように思います すべての作物がそのようであればよいですが
さて今年の5月の祝日は 5月1日(木) Fête du Travail メーデー、5月8日(木) Victoire du 8 mai 1945 戦勝記念日
5月29日(木) Ascension 昇天祭 どの日も木曜日
それで金曜日も有給休暇を取って4日間連続の連休にする人が多いので、我が家もまたしばらく忙しいです
わたしたちのメーデーは冬だから、5月はがんばってお仕事する月になります

Fête du Travail 2

こーらっ!これは食べちゃだめよ スズランのお花には毒があって食べたらお腹が痛くなったり吐いたりするんだよ

1er jour du printemps 春の日

1er jour du printemps 1

今日は暦では春の第一日目 でも今年のフランスはもうずいぶん前に春を通り越して初夏のような日が続いています
先日のニュースでは、3月の最高気温として1880年以来の記録を更新し欧州は歴史的な暖冬だとか どこかでまた何かが狂うようで心配
それでパリでは好天による気温の上昇と風の弱さが重なり、車の排ガスなどに含まれる微粒子が滞留して大気汚染が深刻化しています
パリ市と郊外の街はメトロやバスなどの交通機関を無料にし、車両もナンバープレートの末尾が偶数、奇数と分けて交代で走行を禁止
交通通規制を実施して出来るだけ車が走る数を減らそうとしています
思い切った規制ですが、どこか旅行から帰って来たり、どこかに車で旅行を計画していた人はどうしたんだろう?
そして違反した場合の罰金は75ユーロ!(約1万円) 日本の警察がいきなりこんなことをしたらみんなすごく怒りそう
ストライキやデモ行進の多い国なのに、前日の予告だけでこういうことが施行されるフランスという国に改めて驚きました

La Fête du Mimosa ミモザ祭り

Fête du Mimosa 2 




日本の春をイメージする花の色
梅や桃、桜のピンク色を一番に思い浮かべますが
フランスの春の花には黄色い花が多いと思います
 
その代表にミモザの花があります
南仏のコート・ダジュール、カンヌに近い
Mondelieu-la-Napoule という町では
今ミモザ祭りが開催されているそうです

南仏に暮らした経験がある
Jean-Pierre は、このシーズンになると
まるでトリュフ犬がトリュフをみつけるように
このミモザのブーケをマルシェや
スーパーで見つけ真っ先に籠に入れます
恐らくわたしにじゃなくて、自分へ贈っているようです








この映像を見ながら、ブルゴーニュとコート・ダジュールの気温や空の明るさの違いを感じましたが
こちらでも天気の良い日は蝶やハエが飛んでいるのを見かけるようになりました きっとまもなくツバメもご帰還です

Fête du Mimosa 1

暖冬の冬だったといえ、まだまだ暖炉の火は欠かせません オレンジ色の暖炉の炎を見ながらリラックスする夜も愛おしい
でも春をこよなく愛するわたしは、落ち葉を被せた地中から水仙やムスカリの芽が出てくるのに比例してテンションが上がってきました
Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア