スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Je me suis tirée d'une crise ピンチを切り抜ける

Je me suis tir醇Pe dune crise 2 

先週は雨が降ったり止んだりの曇りがちでしたが、土曜日はとても良いお天気で庭の落ち葉を掃いていると汗が流れるほど快晴
それで午後から Jean-Pierre はゴルフに出かけ、私は友人と外出することにしました
あともう5分で友人が迎えに来てくれるという頃、チャイムが鳴って1組のご夫婦、すぐ後から2台の車が到着して
あと5人のフランス人が我が家の玄関に次々と大きな荷物を持って入って来られる
そしてフランス人だから (当たり前ですが) 英語は通じずフランス語しか話さない .....

私が面食らっていると 「 Le nid d'Akiko  のマダム AKIKO ですよね? 」 と言って1枚の招待状を見せられた
彼らは今日我が家を2部屋予約されているとのこと、そんな予約はないと言うと笑顔が 「何それ」 って顔に変わる
私もちょっとドキドキで (とうとうミスをやってしまったかと焦りながら)
「ちょっとお待ち下さい」 と言い、宿帳を見に中に戻った .....

良かった!宿帳もカレンダーにも間違いはない

Oui はい、 お客様は2部屋7名様予約されていました。でも何月何日に予約をキャンセルされましたので今日はもう別のお客様が入っておられます」 と言いました

それで7人全員がまた 「何よそれ、本当なの?信じられない」 って私を責められる
誰かが 「ムッシュは今何処?呼んで来て」 って言われましたが
「同じことです。彼は今日のお客さんがすべて到着されたので喜んでゴルフに出かけました」 と言ったら
また納得しない誰かが Jean-Pierre の携帯に何回も電話を掛ける、でも彼は出ない
なんだかんだと言って私たちのミスのように言ってこられるので
「では何方が予約をされて、何方がキャンセルをされたのですか?それに部屋を確保する予約金の小切手は届いておりませんが」
と言うと、7人で揉めて誰かに電話をしていたようですが、結局誰が予約しキャンセルしたかは分からずじまいでした

どうやら彼らは結婚式の出席ための宿泊だったようで、大勢で責められるのは不本意ですが気の毒と言えば気の毒でした
それで 「残念ながら7人皆さん全員をお泊めすることは出来ませんが、あと1部屋ダブルの部屋が空いていますそれで良ければどうぞ」
と言いました。彼らは旅行者ではないので場所を変えるのも大変ですし、週末のこの良いお天気に7人全員が泊まれるベットを探すのは
今からでは難しいはずです。彼らも納得をして1組のご夫婦が部屋をご覧になり泊まると言われました
それで「恐らく夜遅く帰って来られて朝はゆっくりされたいと思いますが、私たちは今日お泊りのお客様のご希望で朝9
遅くても9時半には一緒に出かけますのでそれに合わせて頂かなければなりませんが」と言いました

「じゃあ、ぎりぎりまで寝たいから朝ごはんは要らないからその分安くして」 と言われましたが
Non ノン、時々そのようにおっしゃるお客様がおられますがお断りしています。私たちの宿は夜も朝もコミニュケーションを取らないで料金だけを支払って帰られるシステムのホテルのような仕事には興味がありません。それでしたら宿泊費と朝食代が別のホテルに行って下さいとみなさんにお願いしています」 と言いました

でも私も鬼ではないのでしばらく考えて
「じゃあお食事はテーブルにご用意して置きます。ご出発の時に鍵を掛けて鍵を玄関のポストに入れて置いて下されば結構です
それだったら朝寝坊出来ます。でも宿泊費は 今 お支払いください」 と言って解決しました。

終わったら約束の時間を30分以上とっくに回っていたのに友人はずっと待っていてくれました
Jean-pierre に置手紙を残し、車に乗って友人にどうしたの?って聞かれた私は
口をから息をブッツと吐いて肩をすくめて「大変だったのよー こうでああで」って話していました

夜寝る前に思い出して1人でケラケラ笑っていました
なぜって口をから息をブッツと吐いて肩をすくめるリアクション、あきれた時、物事が複雑で疲れた時、面倒な時など
子供も大人もお年寄りもフランス人みーんなするんですが、当初私はこれにすごく違和感があったんです
でもとうとう習得してしまいました
1人で7人のフランス人に交渉をしてピンチを乗り越え、出来ないことははっきりノンと言い
ちょっとフランスのリアルな Chambres d'Hôtes の女将さんらしくなってきた実感と自信が沸いた長い1日でした

Je me suis tir醇Pe dune crise 1

Bravo!  ブラヴォ!  わたし
でも今日はこのひまわりみたいにぐったり .....
Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。