スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pour des Français, une surprenante entraide entre des Japonais .....                       フランス人とって驚くべき日本人達の助け合い

Pour des Français, une surprenante entraide entre des Japonais 1






昨年も色んな国の方々と
Table d'hôtes  ターブル・ドット
夕食を共にしました
その中で話題になった
心に残ったエピソードを皆さんに紹介します


フランスの鉄道会社SNCFが
駅員や駅を利用した人に
駅で遭遇した感動的な実話を募集しました
そのコンクールで最優秀賞を受賞したのは
一人の駅員が遭遇したある日本人観光客の話です








1er prix agent : une touriste japonaise perdue à Saint-Nom la Bretèche

« Un soir, une cliente est descendue du train et s’est dirigée vers moi avec un air complètement désorienté. C’était une touriste asiatique perdue. Elle ne parlait pas un mot de français ni d’anglais. J’ai pris une feuille de papier afin de pouvoir échanger avec elle. J’ai dessiné une maison pour qu’elle me donne son lieu de résidence, elle m’a dessiné une mappemonde pour me faire comprendre qu’elle venait du Japon. Elle contacta par téléphone un ami japonais puis me le passa mais il ne parlait ni anglais ni français. L’heure du dernier train en direction de Paris approchait. Il me fallait réagir vite ou elle risquait de rester bloquée à Saint-Nom-la-Bretèche. J’ai d’abord pensé appeler la police, mais elle allait probablement être effrayée. J’ai alors pris mon portable et lancé une recherche dans les pages jaunes pour trouver un restaurant japonais. Au bout de plusieurs appels, j’ai compris que la majorité des restaurants japonais étaient tenus pas des Chinois. Ne perdant pas espoir, je persistais à appeler des restaurants japonais en me présentant comme un agent en gare qui avait besoin d’une personne parlant japonais et français. Je finis par trouver. J’ai expliqué à la restauratrice ma situation et l’ai informé qu’il fallait absolument qu’elle lui dise de prendre le dernier train pour Paris. Après une longue conversation entre elles, la Japonaise me rendit le téléphone. La restauratrice m’expliqua qu’elles ont pu se comprendre. Elle lui donna son numéro afin qu’elle puisse la rappeler une fois arrivée à Saint-Lazare pour venir la chercher et l’accompagner à son hôtel. Je fus agréablement surpris par la solidarité de cette personne qui, dérangée sur son lieu de travail vers 23h, se propose de se déplacer d’Issy-les-Moulineaux à Saint-Lazare pour une personne qu’elle ne connaît pas. »

※ 原文はこちら http://malignel.transilien.com/2013/02/15/retour-sur-le-concours-ensemble-au-quotidien/

ある夜、電車から降りた一人の女性観光客が困惑した状態で(駅員である)私の方に向って来た。アジア人のようだが彼女には英語もフランス語も通じなかった。私は住所を教えてくれるよう言うと、彼女は紙を取り出して家の絵を書いた。そして世界地図を書いて日本から来たことを伝えた。次にその日本人女性は日本人の友人に電話をかけて私と話すように頼んだが、その日本人も英語もフランス語も通じなかった。パリ行きの最終電車の時間が迫っていたので、私はこの女性がこのパリ郊外に置き去りになっては大変だと焦った。警察に電話をしようか迷ったが、逆にこの女性を怖がらせてしまうに違いないと思った。そこで自分の携帯のイエローページから日本料理レストランを検索、日本語とフランス語が話せる人を見つけようとした。片っ端から電話をしたが、周辺の日本料理レストランのほとんどが中国人の経営だった。しかし、あきらめずに電話を掛け続け、遂に日本人の経営するレストランに繋がった。私はレストランで働く日本人に、この女性にパリ行きの最終電車に乗るように伝えて欲しいとお願いした。日本人同士の長い会話が終わるのを傍らで待って居ると、やっと私の言いたいことが伝わったようだった。私が驚いた事にこのレストランの日本人は、この日本人女性観光客が駅に到着したら電話をするようにと、自分の電話番号を教え、パリ市内の駅まで迎えに行ってホテルまで送ると約束をしたという。また夜の11時の仕事中に掛かってきた見も知らぬ人の為に、自分の仕事場から遠く離れたパリ市内の駅まで迎えに行ったという日本人の連帯感に驚かされた。


同じ日本人として誇りに思いました この話を教えて下さったフランス人のお客さまも「日本人ってやっぱりすごい!」
って言って下さったけど、この親切な日本人とわたしは、同じ日本という国を国籍に持っているだけ
誰でも自分の好きな人や友人に親切にすることは容易い、見知らぬ相手がどんな信条、性格、社会的地位を持っているかを知らなくても
自分が出来る事ですぐに快く助ける、受け容れる、時間を割くという重要性、そんな行動が人の心を動かすことをまた再認識させられました
人助けと言ったら大そうだけど、明日にでもいつでも自分にバトンが回って来たらすぐに動ける人になりたいです
単に楽しくおしゃべりしながら食べる夕食もありますが、こんな風に為になる話やエピソードを聞かせてくれる会話もあるのが
Table d'hôtes  ターブル・ドット の面白みの1つです
Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。