スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Filet tranché de Saumon fumé d'Écosse スコットランド産スモークサーモン

Le saumon fumé dÉcosse
 
美味しいサーモンの産地を挙げるとすると、何処の国を思い浮かべますか?
ノルウェーやアラスカ、カナダ、大西洋、チリ、もちろん北海道 ..... ではスモークサーモンは?

サーモンといっても紅鮭、キングサーモン、アトランティックサーモンと種類があり
当然スモークに適しているものとそうでないものがあります
例えば紅鮭の身は濃い紅色、肉厚なのが特徴で塩分が強いものが多くスモークには適していないそうです
キングサーモンは大きいもので10kg以上になる大型のサーモンで、脂肪分が高く、ステーキやムニエルに向き
こちらではスモークサーモンはよく食べられ、スーパーに行くとスモークサーモンのパックが沢山並んでいる冷蔵棚があります
ノルウェー産の値段を大きく引き離してちょっと贅沢なお値段になっているのが、スコットランド産 です
ほんのりピンクで美しいオレンジ色、身は引き締まって脂が多過ぎないからスモークに適しているのです

今日はそのスコットランド産のスモークサーモンの最高級を魚屋で手に入れました
美しく冷たい海を泳いだ身は、いつものスモークサーモンとは全く違います
スモークサーモンは海苔のように値段と品質が正直で分かり易い 食べなくても見ただけでもはっきり分かります
これにはやっぱりディルというふさふさのハーブやケイパー、レモンが合う
そしてスライサーで紙のように薄く切って水にさらし、氷水で締めたしゃきしゃきのタマネギ
程よい塩気、ねっとりとした食感にふわっとチップの香りが付いてまことにお上品なお味 
 冬の厳しく制限された漁の解禁期間には Le saumon fumé sauvage 天然のスモークサーモン が出回ります
 (乱獲防止のため、天然のものは捕獲時期や量が決まっているから)

今日は暑過ぎず、風もありテラスでこんな特別な物を食べるのにぴったりでさわやかで気持ちが良い日です
ビールの後は、冷やしたロゼワインがスタンバイしてあります
このサーモンきっと日本では手に入りにくいか、見つけてもこちらよりもっと高いと思いますので
日本からのお客さまには手に入ればお出したいと思っています だって食べてみたいでしょ?
Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。