スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Printemps à Paris 春のパリ

Le Printemps à Paris 1 


 
週末仲良し友人と Paris に出かけました
やっぱり都会は田舎より気温が高くて
列車が Paris 方面に近づくにつれて車窓に流れる
牧草地帯の農作物や木々の葉は
ぐんぐん成長し大きくなっているのが見えました
Bourgogne ではチューリップはようやく咲き始めましたが
Paris ではもう散ってしまったものがあります
天気予報では午前中は雨が降るはずでしたが
とっても気持ちの良い天気でした

この日は Paris の風景を撮るより
ようやく到来した春の太陽の下で人々が日光浴する姿が
とてもフランスらしくて
面白いシャッターチャンスがたくさんありましたが
とにかく観光客が多く、油断して荷物を足元に置くと
すぐさま盗って行かれそうで
折角の楽しいお出かけを台無しにしたくないので諦めました





わたしは Paris へのお出かけは 誰と 行くかで大きく目的が異なります
ジャン・ピエールとなら、とにかく美味しいレストラン! そして街角の小さな個展を覗いたり、面白い大きな博覧会に行ったり
時には自転車を借りてサイクリングして、面白そうな場所で止まって Paris を探検します
こちらに在住の日本人の友人となら、チャイナタウンで日本やアジアの食材や野菜のお買い物
一人なら Paris のブックオフで2時間以上じっくり本を選び、食べることよりひたすらじっくり見たかった場所やショップのチェック
とにかく自分のしたいことを自分の時間配分で楽しみます  
じやあフランス人の友人となら? ...... 正直フランス人の友人とはお買い物はあまり楽しくない、財布の紐が硬過ぎます
彼女たちの財布の紐が緩むのは年に2回、クリスマス前とバーゲンの時だけでは無いでしょうか?
フランスに住んでフランス人友達を持つのは大切だけど、わたしにとって他の国の人とも仲良くなるのは気分転換するのに大切なこと
女友達がみーんなフランス人だとわたしは窒素しそうです
この日、アメリカ人の友人と Paris へのお出かけの最大の目的は1番にお買い物!そして美しい Paris を楽しむこと!
しかーし、笑えた 今日はお互い田舎にない物を見たり買う為に来たのでさっさと通り過ぎたかったのに .....
わたし達は最初にまた モンマルトルの生地の問屋街 に出かけたのですが、そこに行くまでには沢山のお土産物屋が立ち並んでいます
売っている物は何でもかんでもに Paris の文字やエッフェル塔、凱旋門などのイメージがプリントされていて
オリジナル製も全くない大量生産されたものです  恐らくほとんどの物が メイド・イン・チャイナ でしょう
でも彼女、まるで犬の散歩のように数歩歩いては Wo~w ♪ ワンダフル ♪ と立ち止まりなかなか進まない (笑)
やっと生地屋に辿り着いて、わたし達は膨大な色と柄、生地の種類の中から思い思いの素敵な生地を買いました ♪
でも店を出て時計を見ると、なんともうレストランやビストロがランチの営業をもう間もなく終える時間です
今回こそはパリジャンたちで賑わっている話題のビストロに行こうと、時間を掛けて何軒かをリストアップしたのに .....
仕方がないのでその界隈をぐるりと回って、ごくごく普通のブラッセリーで食事をしました それでも女友達との食事はなんだって美味しい
テラスで選んだプロバンスの冷えたロゼは、中年のわたし達の頬を少女のようにほんのり紅く染めました♪

そのあとは Nespresso ブティックに行ってコーヒーのカプセルを買い、彼女が買いたがっている圧力鍋を買いにデパートに行きました
もっと長居したかったのですが週末だった為人が多くレジで待たされ、更にその日は Bourgogne に戻るTGVの最終時間が早く
家で待つお互いの夫の為に、何か美味しいものを買って帰りたかったのですがそれも出来ず終了しました

Le Printemps à Paris 2 Le Printemps à Paris 3

観光シーズンなのでデパートからタクシーを拾うのは難しく、やっと捕まえると彼女、運転手さんに 「Gare du Nord 北駅! 」 にと告げ
わたしが 「いいえ Gare de Lyon リヨン駅 です!」 と訂正しなかったら、危うく列車に乗り遅れてしまうところでした (やれやれ)
プラットホームまで彼女は圧力鍋を持って、わたしは自分の買い物と彼女のお土産物を買った袋を持って走って走って
シートに座った途端 「暑い暑い!」 と言うから雑誌で扇いであげると、気持ち良さそうにそのまま眠ってしまいました
わたしも疲れてつられてウトウトしていましたが、列車がスピードを落とすのに気が付いて目を覚ましました
何のアナウンスもなく Montbard に到着!慌てて彼女を起こし、頭上の圧力鍋や荷物や上着をみんな降ろし
「早く早く!急げー!」 と言いながら、忘れ物が無いかをチェックして無事にホームに降りることが出来ました
OH! Akiko あなたは本当に偉大なレディだわ やっぱりあなたと Paris に行くのが最高!」 と彼女
No~ !  わたしだってもうちょっと若い助手が欲しいわ わたしだって面倒見て貰いたいもの」 (笑)
でもまたこれに懲りずに今度は平日に切符を買って、食事は予約をすることにしました

誰かに愛されて見守られて世話になって、誰かを愛して見守ってお世話して ..... ちゃんと交互に順番が回ってくる
"La vie est belle!" ラ・ヴィ・エ・ヴェル ~人生は美しい、人生は生きてゆくに足りる価値を持っている 
彼女がジャン・ピエールに教わって初めて覚えたフランス語の文章です
(しかしこれを覚えたらすっかり満足しちゃってこれ以降、フランス語は覚えるモチベーションなしのミセス・アメリカンです)
Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。