スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Les tables du monde 地球の食卓

Les tables du monde

 若い頃から自分の知らない遠い外国での暮らしに関する雑誌や本、ドキュメンタリーにとても関心がありました
今も旅行して景色を眺めることも楽しいのですが、それ以上に地球に住む人のバラエティーに富んだ 「暮らし」 を覗くことが何よりも面白い
そんなわたしの今の仕事が、フランスで Chambres d'Hôtes シャンブル・ドット を営んでいることも単なる偶然ではない気がします
住んでいるのがフランスで夫がフランス人だから圧倒的にフランス人が多く、わたしが日本人だから日本からのお客さまがあります
でも毎年 ヨーロッパ中、世界中のお客さま をお迎えしています それがわたし達の仕事の面白さです
今ではフランス語を話していてもその方が、フランス人か?ベルギー人か?ケベック人か?
また顔つきが似ているけどオランダ人か?ドイツ人か?
骨格、目と鼻の位置やだけではなく持って来られた荷物や、支払い方法、挨拶、過ごされ方で何処から来られた方か?
お尋ねしなくても言い当てることが出来るので、Jean-Pierre を感心させています
接客も興味を持って面白がって仕事すれば、各国それぞれの気質、特質、行動様式の共通点が見えてきます

さて、今日はそんなわたしが今夢中になって読んでいる本を紹介します
どちらも Peter MenzelFaith Daluisio のジャーナリスト夫妻が世界各国の家族の 「食」 を取材したドキュメント写真集
同じ著者で世界の 「住まい」 と 「女性」 にスポットを当てた本もお気に入りですが、この2冊は最近買い求めました
海に囲まれた日本で想像を巡らし読んでいた頃も楽しかったのですが、この仕事を持ってから読むと益々興味深く引き付けられます
フランス人は食と健康に関心が高いのでフランス語版はないか探したのですが、残念ながら販売されていませんでした
でもきっとお客さまにとっても大変興味深い本だと思うので、日本語ですが簡単に訳してお部屋に置こうと思っています
こちらから Des photos de Peter Menzel ちょっと中を覗くことが出来ます
興味深い内容に相応しくページ数も重さもボリュームがあります 余談ですが、以前日本で初めて訪ねた小さな個人病院がありました
待たされた時間は長かったのですが、待合室に置いてある本や雑誌が実に趣味とセンスの良いものばかりで
一体どんな先生なんだろう?と、名前を呼ばれるのが少し楽しみになったことを思い出します
こういう本が病院や歯医者の待合室、気持ちのよいカフェテリアなどにあれば、わたしなら通うのがちょっと楽しくなると思います
 
地球の食卓世界24か国の家族のごはん
世界各国の家族の1週間分の食材と食事風景を撮った写真集、自慢のレシピや食の問題を提起するエッセイも収録されています
地球のごはん世界30か国80人の“いただきます!
世界の様々な職業の人がその日1日食べる食品と一緒に写真に写っています それぞれのカロリーが並んでおり
現代社会が抱える国と地域の食の格差が浮かび上がっています
Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。