スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cremant de Bourgogne クレマン・ドゥ・ブルゴーニュ

Cremant de Bourgogne 

Le Cremant クレマン  というワインをご存知ですか?
フルートグラスに注ぐとキメ細かい泡が立つワインですが、シャンパーニュ地方で製造されたものではないのでシャンパンとは呼びません
ですからそれ以外の場所で作られたものをフランスでは Cremant と呼び、その後に クレマンどこどこ と7つの地方の名前が付きます
Crémant d'Alsace ・Crémant de Loire ・Crémant de Limoux ・Crémant du Jura
Crémant de Bordeaux ・Crémant de Die

そしてブルゴーニュで製造されたクレマンは Cremant de Bourgogne クレマン・ドゥ・ブルゴーニュ と呼びます
わたしたちはそのブルゴーニュの北、クレマン・ドゥ・ブルゴーニュの産地 Châtillonnais に住んでいます
 この Châtillonnais という場所はその昔シャンパーニュ地方でしたが、ある日を境にしてブルゴーニュになりました
つまりシャンパンの畑とクレマンの畑は隣合い、使用する葡萄の品種も同じ高品質でテロワールが反映されたものに仕上がっています
醸造方法もシャンパンと全く同じ伝統的な瓶内二次発酵されたものですから、キメ細やかな泡とミネラル感のある豊かな味わいがします
日本人にはまだまだよく知られていないので、他の安い炭酸注入のスパークリングワインと同様に思われているのが残念です

 以前イヴ・サン=ローランが香水にシャンパーニュという名前を付けようとしましたが、裁判に負けてしまった有名な逸話があるくらい
シャンパンと名乗るには シャンパーニュ地方 で作られたワインしか名乗れないのです
しかしながらシャンパンというブランドが付いたワインにも、ピンからキリまでばらつきがあります
美味しくもないただ高いだけのシャンパンを飲むんだったら、わたしたちは美味しいクレマンを飲みます
それに何処の畑がどんな管理をしているか、マークがなくてもどの畑がオーガニック製法に近い努力をしているのかも知っていますし
作った人の人柄や奥さん、家族、それにその年の天候まで思い出しながら飲めるワインですから
 
その Châtillonnais の中心 Châtillon-sur-Seine という町で、年が明けた1月26日と27日にワインのお祭りがあります
ワイン関係者や遠方からの観光客、日本からのバスツアーもあるそうでなんだかいつもの冬と違うみたい 
詳しくはこちらから Saint Vincent Tournante 公式ホームページ フランス政府観光局

わたし達にもカーヴにいつもストックしているものがあります これさえあればいつでも美味しい歓迎が出来ます
今日は余計なことは述べません グラスを買って ピノ・ノワール と シャルドネ の割合が生み出す異なるテイスト
泡のアタック、生産者の工夫 あなた好みのクレマンを見つけて下さい
Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。