スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Englishman in Burgundy イングリッシュマン イン ブルガンディー

Englishman in Burgundy 1 



 この夏友人がまたバカンスにフランスに遣って来た
今回はわたし達に是非とも紹介したいという従兄と共に
我が家へ遊びに来てくれました
この夏の心に残った忘れられない出会いです

わたし達はいつものようにお互いの家で食事したり、レストランに行ったり
リクエストでシャンパーニュとクレマン・ドゥ・ブルゴーニュのメゾンを案内した

一足早く帰る友人を駅まで車で送った後
友人はその足で我が家に来て感謝を言いに来てくれた
彼がこんなにも人と心を通わせたことを見たことがないからと言って





 
彼は独身のイギリス人 両親を若くして亡くし、たった一人の弟は誰もが知るイングランドのサッカーチームの花形選手でしたが
試合中の事故で亡くなってしまいました 今は両親が遺した家にたった一人で住んでいる
年齢を聞いてびっくりしたのですが、Jean-Pierre より何年も若いのにファッションも物腰も話し方も随分老けて見えました
家族の無い独りの寂しさは彼の心を閉ざし、新しいことに挑戦したり知ることの喜びを遠避けた
これまで1度も女性とお付き合いしたこともなく、真の友という人も1人も居ない ただ真面目で几帳面なので仕事には恵まれているという

わたしと友人は本当にお互い愛し合っているので、毎回ビズだけではなく抱きしめ合ったりもする
でもそういえば彼はイギリス人でビズをする習慣がないにしても、それはそれは緊張して強張っているのが解った
そのことを友人に話すと 「イエス、彼は僕がそうしたからそうすべきなんだと思って真面目にまねしたんだ
彼は生まれてそんな情熱的な挨拶を女性としたことがないと思うよ」 と、そして続けて
「今回僕が君達に紹介したのは大成功だった まずイギリス人とフランス人の個性は大きく違う
彼は Jean-Pierre のラテン的おおらかさと、ダイナミックな考え方や行動力に触れてカルチャーショックを受けたんだよ
そして本来女性は苦手だけど Akiko の東洋人のエキゾチックなイメージが、女性と言う壁をカモフラージュさせた
また彼はこれまでワインに関する知識を全く知らなかった でも Jean-Pierre が丁寧に説明してくれたおかげで
真面目で勉強が好きな彼の単なるバカンスが好きなことと結びついて、見ただろ?彼は君の話したことをすべてノートに取って居ただろ
そして君達の気さくな態度が彼の緊張を解いたんだ Akiko が夕食のメインが終わって
「さあこれでおしまい わたし甘いものが嫌いだから友人へのディナーにはデザートは作らないの
マール(食後に飲む強いお酒)か果物ならあるわ ごめんね」 と言った言葉は衝撃的だったようだよ  

夕食を招いた日、彼はわたしにブーケを持って来てくれた 嬉しくてあとの二人がわたし達を放ったらかしで話し込んでいる間に
ブーケの写真を記念に撮っていたら、彼は 「なぜ花の部分をもっと大きくズームして撮らないの?」 と尋ねた
「そうね 花の写真は図鑑やインターネットを見ればプロが美しく撮っているのを幾らでも見れるわ
でもわたしはあなたから頂いた嬉しい気持ちをわたし自身の為に残したい
だからお花そのものより、リボンがついて綺麗にラッピングされた 雰囲気 を収められたらそれでいいの」
と、言うと驚いてそしてカメラに関することをたくさん話し出した 話しを聞きながらわたしはなんだかお母さんになった気持ちになった 
そして心から彼が好きになって自分と Jean-Pierre とではぐくんでいる愛や幸せを分けたいと思った
お別れの日 「イギリスからここは列車で繋がっているんだから一人でも来てね 待っているから」 と言った
そして ..... 今月のクリスマス休暇に彼は本当にまた来てくれる事になった
私の独身時代のロンドン旅行でスコーンと食べた思い出のクロテッド・クリームと、現地の人がフライド・ポテトに掛けて食べる
ウイスキーの樽で仕込んだモルト・ヴィネガー、きっと今頃律儀に選んでくれているに違いない



彼を思い出すとこの曲を思い出す ニューヨークに暮らすイギリス人の心を描いた Englishman in New York
同じ言語を話すアメリカに暮らしていても自分がイギリス人 = 自分が異邦人であることを思い知らされることを歌っている
きっと彼は長い間自分の生まれた国、イギリスに住んでいてもこんな気持ちで居たのかもしれない
Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。