スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Les fromages forts 強烈なフロマージュ

Les fromages forts
 
Époisses de Bourgogne エポワスのような個性的なフロマージュの美味しさが分かってしまうと
そこからはどんどん色んなフロマージュの冒険が始まります
今日はマルシェに Auvergne オーヴェルニュ地方から (フランスの中南部、険しい山脈、深い渓谷や休火山、肥沃な土地に
湖や牧草地帯が広がっている地方) フロマージュを売る農家がやって来ていました
 親切なご主人からたくさん試食をさせて貰いましたが、どれも素晴らしく濃厚で熟成されたものでした
今週はお客さまがないのでたくさん買っても食べ切れませんので、特に気に入った2種類のフロマージュをほんの少し切って貰いました

Bleu d'Auvergne はロックフォールと違って、山羊ではなく牛のミルクから出来た塩辛くて少し苦い青カビチーズです
Fromages au lait de chèvre は山羊のフロマージュ ここまで熟成されていると嫌な臭みなんて感じられません
少しもっちりとしていて牛乳より深みがあり甘くて塩辛い複雑な味、薄く切ってちょっとずつ舐めるように食べたくなるフロマージュです

えーっつ!青カビ!山羊!ってそんなに敬遠しないで下さい
わたしも初めてParisに来た時、専門店で見つけたハーブがのったお洒落なフロマージュが山羊とは知らず外見に惹かれて買いました
ワクワクしながら美味しいパンとサラダとワインを買って公園のベンチに座り1口食べた途端!
口いっぱい、その強烈な個性が鼻に抜けパンチを喰らったように仰け反った経験があります
でもね、インパクトのあるフロマージュも慣れてくるとカビ臭さやコク、滑らかさが不思議とやみつきになって来ます
ふさわしいワインと一緒に食べれば本当に美味しい魅惑の食べ物です
暑い夏のシーズンより、コクのあるものが食べたくなる今の時期がフロマージュの世界に入る最良の時期だと思います
Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。