Humer l'air salin du voyage 4 潮風の旅

Humer lair salin du voyage 51

遥々ノルマンディーに来たんですから
La route du Cidre シードル街道、La route du Calvados カルバドス街道、La route du Fromage チーズ街道
をご案内する為、事前に色んな面白そうな場所や北の美しい小さな村まで巡れるようにと下調べをしていました
でも朝起きてお母様のご体調を窺ってからゆっくり出発することで良いということでしたので、欲張らずに旅行することにしました
走り出すとこれらのルートは繋がっていましたので、車窓からこれらが生まれる背景をみんな目に心に焼き付けることが出来ました

ノルマンディー地方とは、英仏海峡に沿って開けたフランス北西部地方です
雨が多くて寒くまた太陽の射す角度が斜めすぎる為葡萄の栽培には向いておらず、残念ながらワインは生産されていません
でもこの土地の土壌と気候、適度の湿度がリンゴを美味しく育てるのにもってこいなのです
  

Humer lair salin du voyage 55 Humer lair salin du voyage 56   
  
le Cidre シードル とはリンゴを発酵させて造られる発泡性のアルコール飲料です
食べて美味しいとは思えない酸味のあるリンゴから口当たりの良い爽快さ、苦味がシードルのボディの独特な苦味になります
瓶に詰める時期によってアルコールにまだ変化していない糖度に違いが生じるので、シャンパンのように
Doux 甘口、Demi-sec やや甘口、Brut 辛口 と風味の違いを楽しめます

Humer lair salin du voyage 60 Humer lair salin du voyage 53 

良く乾燥させたオーク材で作られた樽で、最低5年もの間熟成させたシードルを使ってシードルを蒸留するとリンゴのブランデー
le Calvados カルバドスが出来ます
木に含まれるタンニン類の成分により着色され、時間をかけてゆっくりと香りとふくよかさを重ねられたカルバドスは
リンゴのアロマが口の中いっぱいに残り何とも言えない優雅な気持ちにさせてくれます
旅行中に食事の後に飲んだカルバドスの香りは忘れられない思い出の1つです
  
Humer lair salin du voyage 57 Humer lair salin du voyage 52      

この3つのコースから友人が選んだのは カマンベール村 を訪れること 

Humer lair salin du voyage 58 Humer lair salin du voyage 50 
   
Humer lair salin du voyage 54  
カマンベール は日本人、世界中の人に
一番知られたフランスのフロマージュではないでしょうか?
白カビに覆われた円グラフの形をしたものです

でもカマンベールには2種類のものが存在するってご存知でしたか?
単なるカマンベールと違って本物のカマンベールは
Le Camembert de Normandie カマンベール・ド・ノルマンディー
といって AOC (原産地呼称統制) に従って生乳で作られているものが
正真正銘のカマンベールなんです

ワインもフロマージュも専門の友人によると
熟成の段階によって合わせるワインが違うとのこと
中心にチョーク状の芯が残っている若めの熟成ならば、白ワインかフルーティーな赤ワイン
熟成が進んで中心までとろっと柔らかくなっているならしっかりとした赤ワインが合うそうです
私も若いものより外の皮が苦くて、中はとろとろに熟成したカマンベールが大好きです 
あと輪切りに半分に切ってそこに薄切りにしたトリュフを挟んでしばらく寝かせると
素晴らしいおつまみになるんです  
    

     
Humer lair salin du voyage 62

 le Camembert ・ le Livarotle Pont l'évêquele Neufchâtel

この街道で有名なこの4つを試食しカマンベールより臭くて強烈、塩味が効いて噛めば噛むほど美味しいものをみつけてしまいました
le Livarot というフロマージュです アルザスのマンステール、ブルゴーニュのエポワスがお好きな方ならきっと好きです

それにしてもノルマンディーには美味しいフロマージュが幾つもあるのなぜなんでしょう?
カマンベールはシャンパーニュ地方のフロマージュ、シャウルスと外見は似ていますがどんな違いが有るのでしょう?

友人が車内で丁寧に説明してくれました .....
フランスでも有数の酪農地帯ノルマンディー地方は豊かな自然にあふれ、特にすばらしいのが1年中牧草が生えていること
「雨がたくさん降るからです」 と説明を加える Jean-Pierre
自然に生い茂る青草には海からの塩が混じり、その塩の風味が深みのあるチーズの味わいになりそれが特徴となるそうです

Humer lair salin du voyage 61  
 
そういえばこの地方は潮をかぶる牧場の草を食べて育つヒツジを調理した Agneau de pré-salé 塩沼の仔羊肉 が有名です
なるほど ..... 納得、それと共通しています

Humer lair salin du voyage 59     

ちなみにちょっと古いですが LE FIGARO にフランス人が好む上位フロマージュについて書かれた記事がありました

ワインでも単純に美味しい美味しいと素直に飲むのも楽しいですが、そこに誰かがわかりやすく説明や知識を加えてくれたり
相性のよい食べ物や飲み方のコツなどを教えてくれると、1本ボトルを空ける度に人生や食生活が変化します
この旅からもフロマージュの知識と興味が深まり、また食べることが好きになってしまいました

 Humer lair salin du voyage 64 Humer lair salin du voyage 63

帰りにフランスのブルジョワ階級のマダム、ムッシュ、ハリウッドの女優さんたちが過ごす Deauville という街に寄りました
アングロ・ノルマンディー建築という1階が石造りで、2階以上が漆喰の白い壁に木の組み込みが表面に浮き出ている様式の建物が
海岸線に数百軒並んでいました この建築様式を遵守するべきという規制があるからこそ成り立った街並みです
普段約4000人の人口が夏だけで4万人以上になるそうです

ここで Jean-Pierre は友人に Normandy Barriere というホテルでお茶をしないかと誘いました
華やかでしっとり、独特の雰囲気を醸し出しているそうです 彼女ならきっと喜ぶと思ったそうです
ダバダバダ、ダバダバダ ..... とスキャットが流れる 映画 男と女 の舞台です
Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア