スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Œufs en meurette ウフ・アン・ムーレット

#338;ufs en meurette 1 

Œufs en meurette
ウフ・アン・ムーレット
たまごの赤ワイン煮ブルゴーニュ風
 
ブルゴーニュに移って美味しくてビックリして一番に気に入った郷土料理です
ソースの国のソースが決めてのお料理で、フランスワインの王様ブルゴーニュの赤ワインで作った1品です
気に入ったらとことん追求する性格なのでレストランに入ってこれを見つけたら注文、友人達にもこれを作ってとリクエスト
これまで一体何皿食べたことでしょう
特別な材料を必要としない昔からの伝統的な1皿ですが、シンプルなのに料理好きでも意外と難しい
でもこの度ようやく満足出来る わたしの味 が完成しました
もう何度何皿作っても味も一定したものが出来ます

材料 2人分
美味しいたまご 4個、ブルゴーニュの赤ワインボトル半分、バター、エシャロットみじん切り 1個 (なければ中玉ねぎ半分)
ベーコン2枚、パセリみじん切り、フランスパン、にんにく1片 (半分はみじん切り)

エシャロット、ガーリックみじん切り、小さく切ったベーコンをバターで炒める
小麦粉をカレースプーンに1杯加えて焦げない様に炒める
ワインを注ぎ固形ブイヨンを1個加えて半分位、とろみが少し出るまで煮詰める
塩、胡椒して味見をする

フランスパンを薄くトーストしてにんにくを塗りつける
別の鍋にお湯を沸かし、塩とお酢を入れてポーチドエッグを作る (ソースと絡めて食べるのでソースのように半熟に)

お皿にたまごを静かに置きソースとガーリックトーストを盛り付け、パセリを飾る

これは基本のレシピ、まずこれを試してそして次にあなたらしく美味しくレシピを完成させてください
私自身色んな人のレシピ、本を拝見するとブイヨンを入れない、小麦粉を加えないまたはコーンスターチでとろみを出す
バターではなくオリーブオイルを使う、ガーリックを入れない ..... 様々です
とにかく簡単なのでご主人、突然のお客様にぱぱっと作ってワインと出すと喜ばれて、感心されるに違いありません
もちろん Le nid d'akiko のレシピは秘密、門外不出です
 
#338;ufs en meurette 2
 
これは星付きレストランで食べた Œufs en meurette
  
Œufs en meurette    の他の画像
スポンサーサイト
Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。