スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aujourd'hui, il pleut en Bourgogne. 今日のブルゴーニュは雨が降っています

Aujourdhui, il pleut en Bourgogne 1

このところずっとお天気が良くて、お家のメンテナンスに庭仕事や掃除ばかりしていたわたしたちですが、週末から雨が降っていて
今日一日は客室の掃除を済ませてからゆっくり過ごす事が出来ています 明日は晴れるようなのでまた仕事ですが

Aujourdhui, il pleut en Bourgogne 3

毎日バタバタとしていますが、少し余裕が出来ると窓の外にしばらく静かに目を向ける時間が出来ます
この La Tourterelle も、今日は雨だから ペンギン立ち です

Aujourdhui, il pleut en Bourgogne 2

やっと窓ガラスの掃除が終りました 家の全部の窓の両面、枠と桟(さん)の掃除は
ほんとに時間が掛かってめんどくさいのですが、やっぱり終った後はいつもの見慣れた窓の景色も全く新しくなっているように感じます
この鳥も窓を開けると逃げてしまうので、窓ガラス越しに撮りましたが綺麗に撮れて頑張って磨いた実感を感じました
スポンサーサイト

Naissance d'hirondelles ツバメの誕生

Naissance dhirondelle 1

朝、玄関を掃こうと思ってドアを開けると足元に小さなタマゴの殻が落ちていた やっとツバメさんに雛が生まれました
もう暖かくなっている証拠なのかな?と思ったら、お昼前に La neige roulée 霰(あられ) が降った
生まれたばかりの雛は、まだまだお母さんのお腹の下で温められる必要があるのでこんなに寒いと心配だけどうまく育ちますように

 Naissance dhirondelle 2
 
Aujourd'hui le printemps comonce pour moi !
今日はわたしにとっての春の訪れです

Un jour pluvieux 雨の日

Un jour pluvieux 2 Un jour pluvieux 1  

みんな知ってる?小鳥さんは雨の日はペンギンになるんだよ
こまめにちょこちょこ自分の体から分泌する油を羽繕いしながら羽に塗って、撥水性を持たせているの多少の雨ならへっちゃら
でもこんなに毎日ずーっと雨が降ると飛べないから、こうやって少しでも羽から雨の進入を防いでペンギン立ち

本来なら赤ちゃんを産んで子育てをして、子供たちが巣立ったらまた赤ちゃんを産んで .....
を繰り返すのですが、気温が低くて寒いので、どの鳥、小鳥達もまだタマゴを産んでいません
今年は小鳥の数も減るのか?天候不順は小鳥の生態も狂わしています
我が家の地域もついこの間集中豪雨があり、雨による川の氾濫や家の中が浸水してしまったところがあり
みんな地下にカーヴを持っているので、被害に遭ったお家は本当に気の毒です
マルシェに行っても春野菜や果物はまばら、アスパラガスはまだ南仏プロバンス産のみ、そして値段もすごく高いです
フランスは去年の秋からもう8ヶ月間も庭や菜園に適した気候ではありません 花や野菜の苗の植え付け、雑草引きも出来ません
 随分前に三つ葉や紫蘇の種も撒きましたが、気温が20℃以上にならないので一向に発芽してくれません
食糧危機、飢饉というとアフリカなどの地域を連想しますが、世界的な食糧不足の警告は今全世界で鳴り響いていますように感じます

温暖な春の時期が短くなって、寒いか、暑いの地域が広がると人間の精神的、感情的なことへの影響もあるのではないでしょうか?
曇りの日や雨など悪天候が続くと気分が落ち込みますし、気温や湿度が上がると集中力に欠けたり、不快感や倦怠感を感じます
本来の春は草原や丘や山に緑が萌え、海に光が満ち、新しい生命の息吹や鼓動、新緑の風を吸って希望や目標を抱いたり
美しい風景を見に出かけたい気持ちになったり、お洒落をしたくなったりと、人をロマンチックで芸術的な気持ちにさせますが
そんな思いを持つ人が減って、神経過敏、無気力、落ち着きが無い人が周りに増えたら恐ろしいですね
一刻も早く小鳥さんが安心してタマゴを産める、暖かい安定した春のシーズンが来ますように

Que je suis content de te revoir ! 会いたかったー!

Que je suis content de te revoir 1!

旅行が大好きな理由の1つに家に着いたら
 あー!我が家ってなんて素敵なんだろう!なんて居心地が良い場所なんだろう!自分のベットってなんて寝心地が良いんだろう!
と改めて再確認させてくれ、長年住んでいる場所を新鮮な気持ちにさせてくれるところでしょうか
よーし!明日からまたピカピカに磨いてスカッと掃除するぞー!という気持ちにさせてくれるから  

 Que je suis contente de te revoir 2 

寒い日も遭ったにも関わらず、わたし達の帰りを待っていてくれた庭の小鳥さんたち 彼らを見ると本当にほっとします
窓からわたし達が小鳥を眺めているのか?小鳥さん達がわたし達を眺めているのか?それは置いておいて
Que je suis content de te revoir ! ただいまー!小鳥さーん帰ったよ   
 
Que je suis content de te revoir 3

もうこの週末にはサマータイムに変わるというのに今年はまだ寒くて餌探しも大変みたいなので、ひまわりの種の他に
お団子 (雑穀、モロコシ、小麦、落花生、ひまわりの種などを小麦粉と油で丸めたもの) を吊るしたら
みんな腹ペコのようで夢中でお食事 我が家はあっという間に小鳥の3ツ星レストランになりました
毎日わたし達のテーブルの1メートルの距離で、15羽以上のいろんな小鳥さんのカップルが集まります
 
ちなみにフランス語で "花より団子" は La belle cage ne nourrit pas l’oiseau.
どんなに立派な鳥かごでも鳥のえさにはならない つまり、鳥にとっては立派な鳥かごよりも餌がいちばん大事だということ
お尻を向けて一心不乱に食べてる小鳥さんを見ていると本当にそんな感じです

Je fais de mon mieux. 最善を尽くす

Je faire de mon mieux 1
Je faire de mon mieux 2

頑張ったことが報われたり 成功することは嬉しいですね

我が家に毎年帰ってきて子作りをするツバメさん 去年の巣を使って子育てしていたある日事件が!
お客さまとの夕食が終わって、玄関の門の鍵を閉めに行った Jean-Pierre が 「大変だ 来て!」 と呼んだ
何だろう?と行くと、目の前に落っこちてバラバラになった巣と4羽の小さなツバメさん
 どうしたの! なんてことでしょう!
壁に上手く接合出来ていなかったのか?4羽が成長して重くなって耐え切れずに落ちてしまったのか? .....
ツバメさんを手のひらに乗せるとちいさな心臓はものすごい速さでトクトクトクトク打って、ブルブル震えています

でもこれまでツバメをよく観察して本を読んだり、人から聞いた話ではツバメは野鳥なので人間が育てることはとても困難だということ
ツバメは肉食でしかも死んだ虫は食べない 赤ちゃんのうちはお母さんに抱かれ、子ども同士で温めあって体温を維持している
人間が触った子どもには匂いが移って親はもう世話をしなくなる ということを聞きました
わたしはこのままこのツバメさんが、餓死して行くところを見ていることしか出来ないのか?
Jean-Pierre によると、わたしは1羽ずつ集めて4羽を両手で抱きしめしゃがんだまま20分も声を上げて泣いていたそうです
でもこのまま絶望に暮れていても意味が無い、読んだこと聞いたことは絶対と断定出来ないし、稀にということもある
最善を尽くそう やらないよりまし!
大粒の涙を流しながらわたしは真っ暗な庭に出て行き、納屋から小さなプラスチックの花のポットを見つけて底に木のチップや小枝を敷き
そしてそーっと4羽のツバメさんを入れて巣の在った足元に置きました でもこれでは猫にやられてしまう
ちょうど他の小鳥さんに餌をやる為の背の高い置物が役に立ち、まだちょっと低いけれど空中にポットを置く事が出来ました
おやすみ 明日この子たちのおとうさんとおかあさんが見つけてくれますように と願いながら休みました

Je faire de mon mieux 6 Je faire de mon mieux 7

翌朝早く起きて玄関の中からそっと様子を伺っていると 来た来た! おとうさんとおかあさんが
でも雛が目に入らず巣の在った天井を探している しばらくすると巣の破片が落ちている床を行ったり来たりして我が子を探している
なるほど巣は泥と自分たちの唾液で作られているので匂いがするのかもしれない!
それで壊れた巣の一部をツバメさんのポットの中と傍に置きました

Je faire de mon mieux 8 Je faire de mon mieux 91

大ー成功!やっとおとうさんとおかあさんは自分の子供たちと無事に再会が出来ました
顔を洗って美容クリームを塗った手で触ったから、子どもたちが見捨てられないかと心配しましたが問題ないようです
引き続き子育てを続けてくれました

Je faire de mon mieux 11 Je faire de mon mieux 10

でもツバメさんの受難はこれだけで終わりませんでした
産毛も段々抜けて巣の中でしっかり立つ様になったある日、ツバメさんがみんな端に寄って固まっている
どうしたんだろう?と覗くと1匹の巨大なアブが巣の中に居てみんな怖がっているのでした
それでわたしがそのアブを追い払ったその時!ツバメさんは驚いてみんな散りじりに巣を飛び出してしまいました
でもまだ飛べないので地面を這いつくばって ..... わたしもびっくりして巣に戻そうとするのですがとうとう何処かに逃げてしまいました
まだ上手に飛べないから猫に食べられたら、車に轢かれたらどうしよう  わたしのバカ .....  またシクシク泣きました

君が赤ちゃんを救ったのはとっても良かった でも大きくなった小鳥は自由を持っていて人間がおせっかいを焼くものではない
困難があっても自然に任せなさい 彼らのしたいようにさせなさい と Jean-Pierre が言った

Je faire de mon mieux 14 Je faire de mon mieux 16

そう言ったものの、彼もやっぱり気がかりだったようで朝起きるとカメラを差し出し
夜中に起きて撮ったお家に帰って来た4羽のツバメさんの写真を見せてくれました
そして 「行ってご覧」 と言われて玄関に行くと、みんなで身を寄せ合って休んでいるツバメさんがそこに居ました

Je faire de mon mieux 15 

Wonderful !!! C'est magnifique !!!

Je faire de mon mieux 12 Je fais de mon mieux 13

次の夜からは、毎晩こうやっておとうさんとあかあさんに見守られていつも同じポジションで仲良く眠っています
 わたしは毎晩彼らに Bonne nuit  ボンヌ・ニュイ おやすみ  を言って休みます

Je faire de mon mieux 18 Je faire de mon mieux 17
Je faire de mon mieux 4 Je faire de mon mieux 5

そしてこの子どもたちが大きく成長して帰って来なくなると、おとうさんおかあさんはまた新たな巣を建築し再び卵を産みました
 今は巣立ちが間近いようで毎日羽ばたきの練習をしています
どうして我が家がいいのか? どうしてこの場所がいいのか? 不思議

Je faire de mon mieux 3

これはみんな我が家で育ったツバメさんたちです
わたしの愛に答えてくれたツバメさん いいえ、わたしが彼らの愛に動かされているのです

この記事の主題を わたしはツバメの大家さん としたら、Jean-Pierre が違うと言った
ツバメは自由だ わたしたちが貸してあげている訳でもないし わたしたちに養われている訳でもない
単にブログの主題に付けただけなのに ..... と笑ったけれど、彼もツバメの親子が愛おしいみたい

※ 以前もツバメのことについて書きました 渡ってゆくつばめさん たまごが孵る 帰って来たツバメさん 再び来られたお客様
   今日はこれまでに人に聞いたり読んだり見たことで解ったツバメの素晴らしい生態について 下の続きの欄 に記します
   あなたが時々自然に目を留めることのきっかけになること 眺めて楽しくなれば嬉しいです

→続きを読む

Bonjour
 Un couple de tourterelles


フランスワインの最高峰
ブルゴーニュワインを生み出す地
Bourgogne Côte d'Or の
シャンブル・ドットより
四季の便りに感謝を込めて

Chambres et Table d'Hôtes
Chambres et Table d'Hôtes


宿泊のご案内

Nouveaux articles 最新記事
Les Catégories カテゴリー
カレンダーから過去の記事を探す
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
キーワードから記事を検索する
Les archives 月別アーカイブ
Mail
お便りはこちらから メールは公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Spectateur
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。